保育士の側には空気清浄機を

保育所に集まるのは、もちろん幼い子どもたちです。
彼らは、まだ発育の途中にあり、免疫も弱く、様々な病気にかかりやすい年頃です。

そのため、保育士などの周りにいる大人たちは、健康を保てる環境であることに、注意して置かなければなりません。

日本経済新聞の情報をまとめた一度は訪れて欲しいサイトです。

空気をよくするために、定期的に窓を開けて換気する場合もあるでしょう。

しかしそこには、ある落とし穴があります。
車の排気ガスや、工場から出る煙、または大陸から飛来するものの中に含まれている有害物質が、新鮮な空気と一緒に入ってきてしまうのです。

中でも、PM2.5は普通のマスクを通り抜けてしまうほど小さく、そのため、肺の奥深くにまで入り込んでしまう、極めて恐ろしい有害物質なのです。
盛んに飛来する福岡などでは、定期的にPM2.5予報を行うなど、自治体単位での対策がとられているほどです。


PM2.5を防ぎ、空気も清潔にしておきたいのならば、空気清浄機の仕様が最適です。空気清浄機内のフィルターは、技術の進歩により、今やPM2.5だけではなく、それ以上に小さな有害物質さえもシャットアウトしてくれます。



同時に、空気清浄機の中には除菌や消臭を行ってくれるものもありますので、保育所での集団感染が心配な、インフルエンザなどの予防にも使えるのです。

満足度の高いPM2.5の空気清浄機の情報探しをお手伝い致します。

ランニングコストも安くなってきているので、常にかけておくのが安心でしょう。


空気清浄機を積極的に活用して、子どもたちの健康を守っていきましょう。