空気清浄機を使って確実なPM2.5対策を

PM2.5とは、微小粒子状物質のことを言います。
発生する原因には様々なものがあり、工場からの煤煙、黄砂、排気ガス、石油の成分が揮発し、変質したものなどです。
これらの物質は呼吸器系に沈着して肺がんや気管支炎などのリスクを高めます。

粒子状物質はその大きさから3つに分けられています。

PM2.5の空気清浄機の優良サイトの情報を公開中です。

PM2.5は粒子の大きさが2.5マイクロメートル以下のもので、粒子が大きいPM10よりも健康への影響が大きいとされています。
1990年代にアメリカで研究され、1997年に環境基準が設定されて以降、世界の多くの国々で1立方メートルあたりの粒子量が大気汚染の指標とされています。

日本での基準は1立方メートルあたり35マイクログラムですが、中国の北京や天津では100マイクログラムを超える状況になっています。


現在、多くのメーカーで空気清浄機が発売されていますが、PM2.5は粒子が非常に小さいことから、一定の清浄効果を得るためには高い技術レベルが必要です。

エキサイトニュース関連のノウハウを解説します。

空気清浄機の中でPM2.5に効果があるとされるのは、HEPAフィルターとプラズマイオンを用いた電気集塵技術です。


HEPAフィルターは0.3マイクロメートルの粒子に対しても99%以上の粒子捕集率を持つことから、PM2.5の粒子も確実に捉えます。空気清浄機を実際に設置すると、健康被害のある粒子を除去するだけでなく、部屋の空気に心地よさを感じることができます。


健康にもよい影響があるでしょう。